医者

美容皮膚科でキレイを手に入れる|悩みを即吹き飛ばす

ほうれい線を薄くする

ウーマン

生まれた時からあるほうれい線ですが、口と頬部分の境目としてあるので若い頃はあまり気にならないのですが、ほうれい線が濃くなるとどうしても気になってしまうものです。人の印象は顔で決まることが多く、シミなどと同様にほうれい線もくっきりと出来てしまったら老けて見られてしまうでしょう。また、シミなどの肌トラブルは化粧品によってカバーすることも出来るのですが、ほうれい線をカバーするのはなかなか大変なものです。厚化粧することによって余計に濃く見えることもあるので、化粧でカバーするのではなく普段からケアをすることが大切といえます。ほうれい線をケアする方法として筋力アップがあり、頬の筋肉が衰えて垂れないようにしなければなりません。そのため、普段から口角を意識して笑う回数を増やしたり、自宅で口角をあげるトレーニングをしたりすると良いでしょう。

筋肉が衰え、マリオネットラインまでほうれい線が濃くなってしまったら口角をあげるトレーニングだけでは改善することが難しくなってしまいます。美容皮膚科医がおすすめする治療法にボトックス注射があり、ボトックス注射を打つことで下方に引き下げる筋肉、いわゆる唇より下の筋肉の引っ張りを抑えることが可能です。下に引っ張られることで口角が下がり、普通の顔をしていても怒っているように見えてしまうので美容皮膚科でボトックス注射を打つのがおすすめです。また、ボトックス注射以外にも美容皮膚科ではウルトラセルマシンを用いて筋膜に働きかけ、リフトアップを図る方法もあります。

美容皮膚科には様々なマシンが用意されており、ウルトラセルマシン以外にも表皮や皮下、真皮に働きかけるマシンもあります。超音波で働きかけるため、普段のお手入れでは届かない部分にも効果的となっています。美容皮膚科で美肌施術を受けることにより、効率良くほうれい線を薄くすることが出来る他にも美肌も得ることが出来るでしょう。ボトックス注射やマシンを併用するともちろん料金は少し高めになってしまうのですが、会員になると安く利用することが出来る美容皮膚科もあります。また、キャンペーンを利用する他にも美容皮膚科によってはモニターを募集していることもあるのでそういったものを活用して安く施術を受けると良いです。そうすることでお手頃価格でほうれい線を薄くすることができ、若々しい肌を素早くゲットすることが出来るでしょう。美容皮膚科でほうれい線治療を受けた後は何もしないわけではなく、アフターケアも欠かせません。紫外線対策をする他、優しく洗顔をする、化粧水や乳液などで保湿をするとほうれい線治療の効果を長持ちさせることが可能です。どういった対策をして良いのかわからない場合は、美容皮膚科に相談することでアドバイスを受けることも出来るでしょう。また、ゴールデンタイムにしっかりと休むことも美肌を維持するために必要不可欠なため、質の良い睡眠も積極的にとることが大切です。